林田健司 パッとした瞬間 歌詞

林田健司 パッとした瞬間の歌詞を提供しています。 『パッとした瞬間』とは林田健司さんが1999/04/21に発売された楽曲です。

パッとした瞬間 歌詞

曲名:パッとした瞬間

発売日:2018/3/4

歌手:林田健司

作詞:林田健司

作曲:林田健司

それはパッとした瞬間だね 心はあの日のままさ
それでもいいじゃん これでもいいじゃん それでもいいじゃん
あの日のままで

この街を離れて 何かを探しだそうと
僕等の時間よりも 孤独を選んだんだ君は
光がつつむ街 確かに君を変えるかもしれないけど

記憶達が うすれかけて行くよ
求めたのは こんな寒い夜じゃない

それはパッとした瞬間だね 答えを決めたのは
言葉の後ろに心を 隠したままで

それでもいいじゃん これでもいいじゃん それでもいいじゃん

襟をたてたコートに 涙を隠したままで
強い女性を今も 演じているんじゃないのかな
届かない手紙に 不安にもなるけれど 遠くから見てる

一人きりの 夜は君を思う
一人きりの 体、心抱きしめて

それはパッとした瞬間だよ あの日を後悔する
最後のくちづけが 別れを決めたのかな?
二人で過ごせたら すべては変わったのかな?
少しだけ振り向いた 笑顔を忘れられない

それはパッとした瞬間だね 答えを決めたのは
言葉の後ろに心を 隠したままで
もう一度見つめあい 気持ちを交わせるのなら
手に入れたすべてさえ投げだし かけてゆくのに

それでもいいじゃん これでもいいじゃん それでもいいじゃん
それでもいいじゃん これでもいいじゃん それでもいいじゃん

林田健司とパッとした瞬間と歌詞について

以上が林田健司 パッとした瞬間の歌詞です。

  • 林田健司の楽曲一覧はこちらから
  • パッとした瞬間関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

林田健司 パッとした瞬間の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。