冨永裕輔 風花 歌詞

冨永裕輔 風花の歌詞を提供しています。 『風花』とは冨永裕輔さんが2007/01/26に発売された楽曲です。

風花 歌詞

曲名:風花

発売日:2018/3/4

歌手:冨永裕輔

作詞:冨永裕輔

作曲:冨永裕輔

冬の始まりを告げるクリスマス色の街
いつもより綺麗に映るのは 君と出会えたから

優しさを口に出来ずに差し出した僕の手を
包んだ君の吐息は 虹色の雪に変わる

一年で一番 星に近づける季節
僕の願いが星に届いて 一片の奇跡が舞い降りた

風花が二人の恋に 薄紅の花を咲かす
生まれたての冬の恋に 永遠なる愛を誓うよ

やがて恋人のメロディー奏でる街を背に
紡いだ君への想いを 真っ白な愛を告げる

世界で一番 君の傍にいつもいつまでも
僕らがいつか星になっても出会えた奇跡を歌おう

風花が二人を包み 虹色の冬が輝く
色づいた二人の恋に 変わらぬ愛を歌うよ

風花が二人の肩で 涙に変わっても
溶け出した春の香りに 永遠なる愛を誓うよ

冨永裕輔と風花と歌詞について

以上が冨永裕輔 風花の歌詞です。

  • 冨永裕輔の楽曲一覧はこちらから
  • 風花関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

冨永裕輔 風花の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。