冨永裕輔 明日に咲く花 歌詞

冨永裕輔 明日に咲く花の歌詞を提供しています。 『明日に咲く花』とは冨永裕輔さんが2007/01/26に発売された楽曲です。

明日に咲く花 歌詞

曲名:明日に咲く花

発売日:2018/3/4

歌手:冨永裕輔

作詞:冨永裕輔

作曲:冨永裕輔

出会った頃の二人のように
「それじゃね」と手を振って別れた
明日また会う約束など 交わすこともなく

最後に君はポケットから 二人だけの部屋のカギを取りだし
ふるえる僕の心にそっと 手を添えてドアを閉めた

別々の街からここに来て出会えたのに
また違う明日へと旅に出るのは悲しすぎるから

もう一度 ねえ、 もう一度
出会えたのならば君を離しはしない
もう一度 いま、 もう一度
悲しみの向こうの新しい朝へいこう

君を守るとか 幸せにするとか
その言葉の意味も知らなかった
でも今言える 僕が、君の君らしさを守る場所になる

月が照らすその時も朝陽が射すその時も
いつも君の傍にいる まださよならは早すぎるから

もう一度 ねえ、 もう一度
抱きしめ合えたなら君を離しはしない
もう一度 いま、 もう一度
君の言う不安は僕が消してあげるよ

もう一度 ねえ、 もう一度
出会えたのならば君を離しはしない
もう一度 いま、 もう一度
明日に咲く花を 二人で探しに行こう
二人で探しに行こう

冨永裕輔と明日に咲く花と歌詞について

以上が冨永裕輔 明日に咲く花の歌詞です。

  • 冨永裕輔の楽曲一覧はこちらから
  • 明日に咲く花関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

冨永裕輔 明日に咲く花の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。