冨永裕輔 陽炎 歌詞

冨永裕輔 陽炎の歌詞を提供しています。 『陽炎』とは冨永裕輔さんが2008/06/27に発売された楽曲です。

陽炎 歌詞

曲名:陽炎

発売日:2018/3/4

歌手:冨永裕輔

作詞:冨永裕輔

作曲:冨永裕輔

見慣れた街の景色に君と二人
誰が見ても恋人だね
揺れる黒髪 小さな指に
変わらない時間を信じたけど

泣き出しそうな空は そのまま僕の心さ
君とこんなに傍にいるのに
差し出したその手握って そのまま僕の心へ
君をこんなに愛しているのに

街の灯りに浮かんだ二人の影絵
姿はあの日のままで
小さな指に 光る指輪が
埋まらない隙間を教えていた

降り出した雨の中 その中に僕は一人
君を探してさまよう陽炎
言いかけた言葉たどって そのまま君の心へ
君をこんなに愛しているのに

雨を避けて 僕の声 時を越え 君に届けようと
雲を消して あの日の君に

泣き出しそうな空は そのまま僕の心さ
君とこんなに傍にいるのに
差し出したその手握って そのまま僕の心へ
君をこんなに愛しているから

冨永裕輔と陽炎と歌詞について

以上が冨永裕輔 陽炎の歌詞です。

  • 冨永裕輔の楽曲一覧はこちらから
  • 陽炎関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

冨永裕輔 陽炎の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。