冨永裕輔 日向かい風に乗って 歌詞

冨永裕輔 日向かい風に乗っての歌詞を提供しています。 『日向かい風に乗って』とは冨永裕輔さんが2007/07/27に発売された楽曲です。

日向かい風に乗って 歌詞

曲名:日向かい風に乗って

発売日:2018/3/4

歌手:冨永裕輔

作詞:冨永裕輔

作曲:冨永裕輔

悲しいことがあると 一人歩いた
一ツ橋の海岸 潮の香りが今も

遠く離れてても 一人眠る夜は
耳に残る波の 子守歌を聴いている

たまゆらの悲しみが 消えて夜が明ける

日向かい風に乗って 今 この手を翼にして
東に昇る 太陽を信じていこう

嬉しいことがあると 君と歩いた
照葉の森には 甘い香りが今も

もしも明日が見えず 一人泣いてるなら
今日は僕が君の その手を引いてあげる

たまゆらの涙雨が 過ぎて虹を架ける

日向かい風に乗って 今 僕らは鳥になって
東に架ける虹を渡っていこう

日向かい風に乗って 今 その手を翼にして
東に昇る太陽を信じていこう

日向かい風に乗って 今 僕らは鳥になって
東に架ける虹を渡っていこう

日向かい風に乗って

冨永裕輔と日向かい風に乗ってと歌詞について

以上が冨永裕輔 日向かい風に乗っての歌詞です。

  • 冨永裕輔の楽曲一覧はこちらから
  • 日向かい風に乗って関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

冨永裕輔 日向かい風に乗っての歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。