冨永裕輔 扉の矛こう 歌詞

冨永裕輔 扉の矛こうの歌詞を提供しています。 『扉の矛こう』とは冨永裕輔さんが2008/06/27に発売された楽曲です。

扉の矛こう 歌詞

曲名:扉の矛こう

発売日:2018/3/4

歌手:冨永裕輔

作詞:冨永裕輔

作曲:冨永裕輔

いっそ 出会わなければ 僕は僕でいられた
目覚める度 君の心の行方探している

いっそ このまま君と 二人だけの扉を開けたら
こんな胸の痛み 消えていくのに

どれだけ強く君を抱きしめても 心まで届かなくて
どれだけ深く愛を刻んでも 二人で夜を越せない

きっと 気づかなければ 僕は僕でいられた
君の瞳に映る姿 信じれなくて

今君といることは真実なのに 恋人と呼び合えなくて
手を振って離れてくその笑顔は 僕一人のものじゃない

報われない愛なんて 今もう捨てて
結ばれないと分かっているはず
今君は誰といるの? 温もり置いたまま…

どれだけ強く君を抱きしめても 心まで届かなくて
どれだけ深く愛を刻んでも 二人で夜を この夜を

今君といることは真実なのに 恋人と呼び合えなくて
手を振って離れてくその笑顔は 僕一人のものじゃない
僕一人のものじゃない…

冨永裕輔と扉の矛こうと歌詞について

以上が冨永裕輔 扉の矛こうの歌詞です。

  • 冨永裕輔の楽曲一覧はこちらから
  • 扉の矛こう関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

冨永裕輔 扉の矛こうの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。