アンテナ 天国なんて全部嘘さ 歌詞

アンテナ 天国なんて全部嘘さの歌詞を提供しています。 『天国なんて全部嘘さ』とはアンテナさんが2017/01/18に発売された楽曲です。

天国なんて全部嘘さ 歌詞

曲名:天国なんて全部嘘さ

発売日:2018/3/4

歌手:アンテナ

作詞:アンテナ

作曲:アンテナ

書きかけの青い文字
飲みかけの朝の水
遅延電車のワケはまた
さよならした誰か

洗濯物やゴミに囲まれて
慌しく過ごしてますか
排水溝に流れていく
渦に呼吸し辛くなって

宇宙船の侵略も
デカい火山の爆発も
まるでないのに飽きたなら
ここへおいでよ
天国なんて全部嘘さ
天国なんて全部嘘さ
バカみたいだねって笑って
それでいいじゃない
生きてみよう とりあえずは
味方だからずっと

破けたつま先で向かう 夢の跡
前ではなく後ろに
噛みしめて切れた口は
愛が欲しいと開いていた

ほら 嫌なあいつの陰口も
ヘドロのような関係も
ありすぎると怯えたら
ここへおいでよ
天国なんて全部嘘さ
天国なんて全部嘘さ
命の数なんて無視して
それでいいじゃない
生きてみよう また会えるよ
味方だからずっと

さよなら 似たような日々 僕もまた
その先を探してみるよ

宇宙船の侵略も
デカい火山の爆発も
まるでないのに飽きたなら
ここへおいでよ
嫌なあいつの陰口も
ヘドロのような関係も
あり過ぎると怯えたら
ここへおいでよ
天国なんて全部嘘さ
天国なんて全部嘘さ
生きてみよう とりあえずは
味方だからずっと

アンテナと天国なんて全部嘘さと歌詞について

以上がアンテナ 天国なんて全部嘘さの歌詞です。

  • アンテナの楽曲一覧はこちらから
  • 天国なんて全部嘘さ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

アンテナ 天国なんて全部嘘さの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。