香川裕光 こころの花 歌詞

香川裕光 こころの花の歌詞を提供しています。 『こころの花』とは香川裕光さんが2016/12/21に発売された楽曲です。

こころの花 歌詞

曲名:こころの花

発売日:2018/3/4

歌手:香川裕光

作詞:香川裕光

作曲:香川裕光

息がつまるような 慌ただしい日々 満員電車に揺られ
モノクロの街 溢れる人混み 作り笑いが染み付いて

黄昏の風 あの日の君の匂い 今も 恋しくなるよ

こころの中 色褪せずに 咲いてる花
それが君なんだ
忘れないさ 儚くも 優しく 揺れている

元気にしてる? 今頃 君は眠ってるかな
小さな身体 そっと揺らして 寝息をたてているの

オレンジ色の月 時折何もかも 投げ出したくもなるよ

こころの中 照らしながら 咲いてる花
それは君なんだ
忘れないで いつだって 君が僕を 強くする

イロトリドリの花びら
いつだって君は笑ってる

こころの中 照らしながら 咲いてる花
それは君なんだ
忘れないで いつだって 君が僕を 強くする

またいつか逢いにゆくよ
こんなにも 優しく 揺れている

香川裕光とこころの花と歌詞について

以上が香川裕光 こころの花の歌詞です。

  • 香川裕光の楽曲一覧はこちらから
  • こころの花関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

香川裕光 こころの花の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。