まつざき幸介 かたぐるま 歌詞

まつざき幸介 かたぐるまの歌詞を提供しています。 『かたぐるま』とはまつざき幸介さんが2017/01/25に発売された楽曲です。

かたぐるま 歌詞

曲名:かたぐるま

発売日:2018/3/4

歌手:まつざき幸介

作詞:まつざき幸介

作曲:まつざき幸介

涙が胸に 沁みる夜には
まぶたに浮かべる 遠い日々
ふるさとの川辺で 流れる雲と
トンボを追った 帰り道
走って転んで 疲れて泣いて
父にねだった かたぐるま

いまさらながら 思い知るのさ
一人じゃ生きては ゆけないと
親孝行ひとつも まだ出来なくて
ふとんでそっと 手を合わす
どれだけ時間が 過ぎたとしても
忘れられない かたぐるま

子供の頃に 思い描いた
夢にはまだまだ 遠いけど
この腕を伸ばせば 瞬く星も
つかめるはずと 信じてた
俺より大きい 男になれと
父の願いの かたぐるま
父の願いの かたぐるま

まつざき幸介とかたぐるまと歌詞について

以上がまつざき幸介 かたぐるまの歌詞です。

  • まつざき幸介の楽曲一覧はこちらから
  • かたぐるま関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

まつざき幸介 かたぐるまの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。