ユナイト 瞼に残光、 歌詞

ユナイト 瞼に残光、の歌詞を提供しています。 『瞼に残光、』とはユナイトさんが2017/01/25に発売された楽曲です。

瞼に残光、 歌詞

曲名:瞼に残光、

発売日:2018/3/4

歌手:ユナイト

作詞:ユナイト

作曲:ユナイト

「だってそれはあんまり無理じゃありませんか。
そんなことをする位なら、私はもう死んだ方がましです。
今すぐ殺して下さい。」
――宮沢賢治「よだかの星」より

燐の火の様な青い光がしずかにただ燃えている。
天の川を背に揺蕩う光はあの日読んだ夜の鳥。

地下鉄、行き場のない回送車両。残光、瞼にちらつく。
夜鷹は星に。じゃあ僕は一体何に?
名前に? 在る形に?

ずっとのぼってく。
僕も一緒に連れてってくれないか。

燐の火の様な青い光がしずかにただ燃えている。
瞼に残るあの残光は“逃げたかった”からじゃない。

ずっとのぼってく。
僕も一緒に連れてってくれないか。

燐火の様な青い光が静かにただ燃えている。
夜鷹の星は望んだからこそあの場所で輝いてる。
自ら選んだ色で。

選択するということ。

ユナイトと瞼に残光、と歌詞について

以上がユナイト 瞼に残光、の歌詞です。

  • ユナイトの楽曲一覧はこちらから
  • 瞼に残光、関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ユナイト 瞼に残光、の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。