朴木十夜(峰岸佳) ゆらゆらり 歌詞

朴木十夜(峰岸佳) ゆらゆらりの歌詞を提供しています。 『ゆらゆらり』とは朴木十夜(峰岸佳)さんが2017/01/25に発売された楽曲です。

ゆらゆらり 歌詞

曲名:ゆらゆらり

発売日:2018/3/4

歌手:朴木十夜(峰岸佳)

作詞:朴木十夜(峰岸佳)

作曲:朴木十夜(峰岸佳)

ひらりひとひら花びらゆらら ひゅるりひゅるりら風ひゅるり
みんなの笑顔が咲き誇るよに 見守って いたいのです

傷つきやすさは 優しいあなたの裏返し
落ち込む時にも 心がちょっぴり痛い日も
約束しましょう いつもいつでもぼくはきっと
あなたを見守る ホオノキの木になりましょう

光のどけき春の日に そっと両の目閉じたなら
まどろみながら夢の中 月のウサギと遊びましょう

ひらりひとひら花びらゆらら ひゅるりひゅるりら風ひゅるり
みんなの笑顔が咲き誇るよに 見守って いたいのです

きらりきらきら木漏れ日揺れて ゆらりゆらゆら春うらら
あなたが信じてくれるのなら なんだってできちゃいます

いつでも知ってます あなたが頑張るその姿
失敗は必ず 明日へ繋ぐ力になる
聞かせて下さい あなたの大事な夢のこと
あなたを包んで 優しい木漏れ陽になりましょう

夢かうつつかたゆたって 嫌なことは捨てちゃいましょう
まどろみながら夢の中 星の河原をお散歩です

ひらりひとひら花びらゆらら ひゅるりひゅるりら風ひゅるり
みんなの笑顔が咲き誇るよに 見守って いたいのです

きらりきらきら木漏れ日揺れて ゆらりゆらゆら春うらら
あなたが信じてくれるのなら なんだってできちゃいます

この世は はかなく一瞬の夢のよう
僕らは運命のゆりかごの中で
ゆらゆら揺れる ゆらゆら揺れる
それはまるで淡い恋のようです

ひらりひとひら花びらゆらら ひゅるりひゅるりら風ひゅるり
みんなの笑顔が咲き誇るよに 見守って いたいのです

きらりきらきら木漏れ日揺れて ゆらりゆらゆら春うらら
あなたが信じてくれるのなら いつだって
あなたのため 力になれるのです

朴木十夜(峰岸佳)とゆらゆらりと歌詞について

以上が朴木十夜(峰岸佳) ゆらゆらりの歌詞です。

  • 朴木十夜(峰岸佳)の楽曲一覧はこちらから
  • ゆらゆらり関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

朴木十夜(峰岸佳) ゆらゆらりの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。