桜井はやと 風花の女 歌詞

桜井はやと 風花の女の歌詞を提供しています。 『風花の女』とは桜井はやとさんが2017/01/25に発売された楽曲です。

風花の女 歌詞

曲名:風花の女

発売日:2018/3/4

歌手:桜井はやと

作詞:桜井はやと

作曲:桜井はやと

やっぱり一緒に 行けないと
ホームで泣いてた 細い肩
浮かぶ面影 抱き寄せりゃ
あの日と同じ 雪が舞う
二人がどんなに 愛しても
この手に奪えぬ 風花の女(ひと)

世間に隠れる 恋ならば
なおさら心は 燃え上がる
忘れられない 名を呼べば
男の胸が また痛む
うつ向く横顔 後ろ影
も一度会いたい 風花の女(ひと)

棘(とげ)ある噂に 今頃は
震えていないか ただひとり
あの手離さず あの汽車に
乗れば良かった ふたりして
本気で愛した 人なのに
幸せやれない 風花の女(ひと)

桜井はやとと風花の女と歌詞について

以上が桜井はやと 風花の女の歌詞です。

  • 桜井はやとの楽曲一覧はこちらから
  • 風花の女関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

桜井はやと 風花の女の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。