John-Hoon 白い足跡 歌詞

John-Hoon 白い足跡の歌詞を提供しています。 『白い足跡』とはJohn-Hoonさんが2017/01/25に発売された楽曲です。

白い足跡 歌詞

曲名:白い足跡

発売日:2018/3/4

歌手:John-Hoon

作詞:John-Hoon

作曲:John-Hoon

始まりの扉から
舞い込んだのは 君
白銀の世界に つぼみは咲いた

心まで響くのは 軽やかな鼻歌
鳥たちのワルツに 花を添えよう

君がいれば 日常は幸せになる
交わした 未来までの約束

今年の冬は 一緒に
寄り添っていられるから
どんな場所でもいい 温かいだろう
光る星 流れる雲 君の温度に触れて
鮮やかな旅に 心揺れる

君がいれば 日常は幸せになる
足跡 白く染まる道まで

この先も ずっとこうして
寄り添っていられるから
ささやかな願い 温かいだろう

揺れる髪 重ねた手も 君の温度に触れて
鮮やかな恋に 心弾む

夕日に染まる 横顔を見つめ
何度でも 恋をしよう

今年の冬は 一緒に
寄り添っていられるから
どんな場所でもいい 温かいだろう
光る星 流れる雲 君の温度に触れて
鮮やかな旅を 胸に刻もう

John-Hoonと白い足跡と歌詞について

以上がJohn-Hoon 白い足跡の歌詞です。

  • John-Hoonの楽曲一覧はこちらから
  • 白い足跡関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

John-Hoon 白い足跡の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。