泉まくら フィクション 歌詞

泉まくら フィクションの歌詞を提供しています。 『フィクション』とは泉まくらさんが2017/01/25に発売された楽曲です。

フィクション 歌詞

曲名:フィクション

発売日:2018/3/4

歌手:泉まくら

作詞:泉まくら

作曲:泉まくら

勝手 きまぐれ うそつき
派手なリフ 空の部屋 ひとり

お前の気持ちなど
なんだっていいと
ぶち壊して欲しいとき
気にくわないなら
ひと蹴りして
二度と振り返らなきゃいいのに

お前の気持ちなど
なんだっていいと
ぶち壊して欲しいとき
考慮されない悲しさを叫ぶ
そんな日を捨てるとき

桜はずっと咲いて
冷たくない雪が降り
写真はいつでも綺麗に撮れる
苦しみのそばの美しさが消え
比べるものはない
ほとんどが休日
明かりは程よくあり
夜には必ず眠くなる
全員が自信を持ち
大胆になることを許しあう
ちらちら光るほこり
乾いた風を受けて
昨日は本当によく晴れた
何度も思い返して
右頬の熱を確かめる

お前の気持ちなど
なんだっていいと
ぶち壊して欲しいとき
考慮されない悲しさを叫ぶ
そんな日を捨てるとき

泉まくらとフィクションと歌詞について

以上が泉まくら フィクションの歌詞です。

  • 泉まくらの楽曲一覧はこちらから
  • フィクション関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

泉まくら フィクションの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。