泉まくら SNOW 歌詞

泉まくら SNOWの歌詞を提供しています。 『SNOW』とは泉まくらさんが2017/01/25に発売された楽曲です。

SNOW 歌詞

曲名:SNOW

発売日:2018/3/4

歌手:泉まくら

作詞:泉まくら

作曲:泉まくら

弱い口調に苛立ち始め
たまらず怒鳴った人と目が合う

知りたい気持ちを君の口から聞けない
見たい姿で君が立っていない
何も悪くないのに
自信なさげにしていて
あくる日の平気そうなふるまいにまた
分からなくなるよ
私だけが君を見てるわけじゃない
お互いのその世界を溶けずに渡るの今

かよわいふりなど一度だってしていない
君をちゃんと知っているよ
私の悔しさは
君の笑顔、仕草、気配り
頬にふれてまた大きくなる

今まで例えばたまらないその寂しさを
どうしてきたの
貫かなきゃわがままと
説明できなきゃ執着と
呼ばれる誰かへの気持ちを
ひとりで

鼻の奥の苦しさが
胸のくぼみに落ちたら
受け止めるひとつだけ
最後には優しくなって
すべてがつまらなくなるなら
強くなれなんて言葉
鵜呑みに出来ないはず

泉まくらとSNOWと歌詞について

以上が泉まくら SNOWの歌詞です。

  • 泉まくらの楽曲一覧はこちらから
  • SNOW関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

泉まくら SNOWの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。