桜井はやと 鹿児島慕情 歌詞

桜井はやと 鹿児島慕情の歌詞を提供しています。 『鹿児島慕情』とは桜井はやとさんが2017/01/25に発売された楽曲です。

鹿児島慕情 歌詞

曲名:鹿児島慕情

発売日:2018/3/4

歌手:桜井はやと

作詞:桜井はやと

作曲:桜井はやと

会いたさ見たさが 今さらつのる
浮かべる面影 桜島
男の夢を あきらめきれず
ひとりおまえを 置いて来た
離れていても 心はひとつ
忘れはしないよ 鹿児島慕情

おまえの涙か そぼ降る小雨
泣いてはないか 淋しさに
最期の夜に この手にすがり
連れて行ってと 困らせた
離れていても 心はひとつ
迎えに戻るよ 鹿児島慕情

肩寄せ歩いた 天文館よ
あれから何年 過ぎたのか
胸まで寒い 都会の夜は
夢でおまえを 抱き寄せる
離れていても 心はひとつ
待ってておくれよ 鹿児島慕情

桜井はやとと鹿児島慕情と歌詞について

以上が桜井はやと 鹿児島慕情の歌詞です。

  • 桜井はやとの楽曲一覧はこちらから
  • 鹿児島慕情関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

桜井はやと 鹿児島慕情の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。