泉まくら 砂の城 歌詞

泉まくら 砂の城の歌詞を提供しています。 『砂の城』とは泉まくらさんが2017/01/25に発売された楽曲です。

砂の城 歌詞

曲名:砂の城

発売日:2018/3/4

歌手:泉まくら

作詞:泉まくら

作曲:泉まくら

もろいくせ強がるから
崩れるときでかい
最初から砂で居りゃいいのに
同じように何かに負け続ける日も
もうどうでもいいわ

燻る火も消えた
火事にもならんが暖もとれん
水面に浮かぶ藻や
波に押されうな垂れ
チープな前触れに
3分と待てんで啜る音が響く

窓を過ぎて
カーテン透かして
私にまだらにかかる光

泉まくらと砂の城と歌詞について

以上が泉まくら 砂の城の歌詞です。

  • 泉まくらの楽曲一覧はこちらから
  • 砂の城関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

泉まくら 砂の城の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。