ぼくのりりっくのぼうよみ 在り処 歌詞

ぼくのりりっくのぼうよみ 在り処の歌詞を提供しています。 『在り処』とはぼくのりりっくのぼうよみさんが2017/01/25に発売された楽曲です。

在り処 歌詞

掠れた音で奏でる歌
忘れられても 今 尚 謳う

やたらと雨が降った
明け方 風が吹いた
肌を刺す 立ち去れと喚いていた
居場所なんて無くて 残る体温
古に消えた まだ見ぬzion 枯れた才能
この己を縛る枷の中
永久に明けない夜の果ては未だ

視えない線路の延長線上
死ねない自分が「御機嫌よう」
居場所を持たない流浪の民
生まれた事実は動かない
愛を注がれない器に
穴だらけのこの惨状 Who's done it?
パーツが欠けて歪んだ身体
存在さえも赦されないなあ

生まれ落ちた時
意味を持たない
ぼくの心は何処へ消えた

砕け散る様に
雨の中で
ぼくの心は何処へ消えた

まだここに居る意味を
何のために 生まれたのか

まだここに居る意味を
何のために 生まれたのか

人は誰かに必要とされて初めて人に成れると聞きました
その時ぼくは「死にたいな」と思いました
薄っぺらい目的論じゃ
生まれた理由を肯定しようが無いと知りました
意味無いな こんな人生何も意味無いなあ

生まれた時から茨の中
悪夢は未だ終わらない
焼け落ちた顔は知らない誰か
みたいに見えた
みんながあの目で僕を見てる
知らない言葉で傷つけてく

口実にされた既成事実
その産物は未だ死ねずにいる

生まれ落ちた時
意味を持たない
ぼくの心は何処へ消えた

砕け散る様に
雨の中で
ぼくの心は何処へ消えた

まだここに居る意味を
何のために 生まれたのか

まだここに居る意味を
なんで未だ 死ねないのか

ぼくのりりっくのぼうよみと在り処と歌詞について

以上がぼくのりりっくのぼうよみ 在り処の歌詞です。

  • ぼくのりりっくのぼうよみの楽曲一覧はこちらから
  • 在り処関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ぼくのりりっくのぼうよみ 在り処の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。