PAMELAH 君の腕の中へ 歌詞

PAMELAH 君の腕の中への歌詞を提供しています。 『君の腕の中へ』とはPAMELAHさんが1996/09/04に発売された楽曲です。

君の腕の中へ 歌詞

曲名:君の腕の中へ

発売日:2018/3/4

歌手:PAMELAH

作詞:PAMELAH

作曲:PAMELAH

“さよなら”の短い四文字が
心に重たく残るよ
傷ついた、それとも傷つけた
行き場所なくした broken heart

ときめきが薄れ わがままになってた
胸の痛み気付かない程

誰よりもいとしいあの笑顔に
ごめんと素直に云えたらいいのに
近過ぎて見えなくなっていたの
今すぐ帰りたい 君の腕の中へ

何もかもまるでなかったように
ありふれた朝は来るけど
ひとり分空けて眠るクセが
目覚めた時 哀しいよ

忘れかけていた優しさと強さを
この両手に取り戻したい

このままもう二人は終わりなの?と
何度も心に問いかけたけど
いつだって答えはひとつだった
私は帰りたい 君の腕の中へ

誰よりもいとしいあの笑顔に
ごめんと素直に云えたらいいのに
近過ぎて見えなくなっていたの
今すぐ帰りたい 君の腕の中へ

PAMELAHと君の腕の中へと歌詞について

以上がPAMELAH 君の腕の中への歌詞です。

  • PAMELAHの楽曲一覧はこちらから
  • 君の腕の中へ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

PAMELAH 君の腕の中への歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。