八代亜紀 頬づえついてブルースを 歌詞

八代亜紀 頬づえついてブルースをの歌詞を提供しています。 『頬づえついてブルースを』とは八代亜紀さんが1989/12/10に発売された楽曲です。

頬づえついてブルースを 歌詞

曲名:頬づえついてブルースを

発売日:2018/3/4

歌手:八代亜紀

作詞:八代亜紀

作曲:八代亜紀

仲の良いマリーが死んだ
電話を握ったまま
誰に別れを
云うつもりだったのか
あくる朝 鴎が翔んだ
翼を赤く染めて
まるで祭に打ち上げた
花火だね
いいことなんか
それほどないのに
いいことばかり
探して生きたから
マリーは馬鹿さ
ほんとに馬鹿さ
わたし ひとりで口ずさむ
頬づえついてブルースを…

この場所は港が見える
春には桜も咲く
寂しがりやの
マリーにはちょうどいい
何だって黙(だま)って死んだ
それほどつらいのなら
話し相手になることも
出来たのに
いのちと同じ
愛などないのに
いのちを賭けて
心を伝えたり
マリーは馬鹿さ
ほんとに馬鹿さ
わたし ひとりで口ずさむ
頬づえついてブルースを…

八代亜紀と頬づえついてブルースをと歌詞について

以上が八代亜紀 頬づえついてブルースをの歌詞です。

  • 八代亜紀の楽曲一覧はこちらから
  • 頬づえついてブルースを関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

八代亜紀 頬づえついてブルースをの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。