八代亜紀 漁火慕情 歌詞

八代亜紀 漁火慕情の歌詞を提供しています。 『漁火慕情』とは八代亜紀さんが1989/12/10に発売された楽曲です。

漁火慕情 歌詞

曲名:漁火慕情

発売日:2018/3/4

歌手:八代亜紀

作詞:八代亜紀

作曲:八代亜紀

揺れる漁火 ひとりで眺め
港を離れた 人を想う
俺を忘れて 生きろと言われ
泣いたあの夜が ここにある
惚れたこころが まだ熱い

かもめだったら かもめのように
戻っておいでよ 港宿
別れあっても 繋(つな)いだものは
切(き)れぬものだと 酒が云う
みれん涙が 乾かない

潮の香りを 私にくれた
あなたのやさしさ 数えてる
ここで待っても 待つだけ無駄と
悟(さと)すつもりか 漁火よ
燃えてせつない 波枕

八代亜紀と漁火慕情と歌詞について

以上が八代亜紀 漁火慕情の歌詞です。

  • 八代亜紀の楽曲一覧はこちらから
  • 漁火慕情関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

八代亜紀 漁火慕情の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。