八代亜紀 最上川恋唄 歌詞

八代亜紀 最上川恋唄の歌詞を提供しています。 『最上川恋唄』とは八代亜紀さんが1989/12/10に発売された楽曲です。

最上川恋唄 歌詞

曲名:最上川恋唄

発売日:2018/3/4

歌手:八代亜紀

作詞:八代亜紀

作曲:八代亜紀

女がひとり 夜汽車にゆられ
帰って来たのよ みちのくに
都暮しに 疲れはて
あなたに逢いたい もう一度
涙でながめる 最上川

庄内おばこ 少女の頃に
誓った約束 忘れたの
もしも許して くれるなら
私の命が ある限り
あなたに尽して 生きたいの

酒田の街に もうじき着くわ
あなたが送って くれた駅
どうか叱って 思い切り
そのあと優しく 抱きとめて
静かに流れる 最上川

八代亜紀と最上川恋唄と歌詞について

以上が八代亜紀 最上川恋唄の歌詞です。

  • 八代亜紀の楽曲一覧はこちらから
  • 最上川恋唄関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

八代亜紀 最上川恋唄の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。