八代亜紀 かもめ宿 歌詞

八代亜紀 かもめ宿の歌詞を提供しています。 『かもめ宿』とは八代亜紀さんが1989/12/10に発売された楽曲です。

かもめ宿 歌詞

曲名:かもめ宿

発売日:2018/3/4

歌手:八代亜紀

作詞:八代亜紀

作曲:八代亜紀

恋もしたわよ だけど駄目なの
男 いたわよ だけど別れた
夢もみたけど みんな散りぢり
私も今では 傷ついて
こころ凍(しば)れる 港町
海鳴り淋しい かもめの宿よ

夜は独(ひと)りよ だから愛して
お酒飲むわよ だから酔わせて
抱いていいのよ いのち燃やして
噂に追われて 捨ててきた
生れ故郷の ことだけは
聞くのはやめて かもめの宿よ

愛がほしいの だけど無理だね
あなた好きだわ だけどつれない
春を見たいが 春はどこやら
私の明日(あした)を 占えば
花の季節は まだ遠い
くちびる寒い かもめの宿よ

八代亜紀とかもめ宿と歌詞について

以上が八代亜紀 かもめ宿の歌詞です。

  • 八代亜紀の楽曲一覧はこちらから
  • かもめ宿関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

八代亜紀 かもめ宿の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。