森昌子 みぞれ酒 歌詞

森昌子 みぞれ酒の歌詞を提供しています。 『みぞれ酒』とは森昌子さんが2017/01/25に発売された楽曲です。

みぞれ酒 歌詞

曲名:みぞれ酒

発売日:2018/3/4

歌手:森昌子

作詞:森昌子

作曲:森昌子

女にだって ひとりきり
酔って泣きたい 夜があります
あなたに あなたに逢いたすぎて
どうしていいか わからない
心の寒さに 飲み干すお酒
凍りつきます みぞれ酒

夜空に浮かぶ 三日月を
胸に突き刺し 死ねるならば
あなたを あなたを憎まないで
このまま愛を 貫ける
素肌の熱さに 抱かれたあの夜(よ)
溶けてゆきます みぞれ酒

ふたりの小指 結ぶのは
蜘蛛(くも)の糸だと 知っていながら
あなたを あなたを愛しすぎて
どうしていいか わからない
さだめの寒さに 流れる涙
凍りつきます みぞれ酒

森昌子とみぞれ酒と歌詞について

以上が森昌子 みぞれ酒の歌詞です。

  • 森昌子の楽曲一覧はこちらから
  • みぞれ酒関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

森昌子 みぞれ酒の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。