Michiluca 天の川 歌詞

Michiluca 天の川の歌詞を提供しています。 『天の川』とはMichilucaさんが2013/02/27に発売された楽曲です。

天の川 歌詞

曲名:天の川

発売日:2018/3/4

歌手:Michiluca

作詞:Michiluca

作曲:Michiluca

やわらかな月の灯が ふたりを静かに照らしている
うつむいて悲しみの涙を流す君の瞳は美しいんだ

空に願いをかけた
君のその悲しみが
やがて僕のこの胸に
溶けて 川となりますように

いつのまにか ふたりは手をとりながら歩いてゆく
あたたかな未来を描いては 微笑みと共に駆けてくんだ

空に願いをかけた
君と歩んだ日々が
いつか天の川となり
永遠に輝いてゆきますように

いまこそ 伝えよう
明日を待つ君へと
誰よりも君が大切で
心から
愛していることを

風の吹き荒れる日も
花の咲き誇る日も
繋がってゆく道程を
ここに授かりましょう

君の願うすべてを
僕は受け止めるでしょう
星の流れゆく夜に
僕は空へ誓った

Michilucaと天の川と歌詞について

以上がMichiluca 天の川の歌詞です。

  • Michilucaの楽曲一覧はこちらから
  • 天の川関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Michiluca 天の川の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。