津吹みゆ 雨のむこうの故郷 歌詞

津吹みゆ 雨のむこうの故郷の歌詞を提供しています。 『雨のむこうの故郷』とは津吹みゆさんが2017/01/25に発売された楽曲です。

雨のむこうの故郷 歌詞

曲名:雨のむこうの故郷

発売日:2018/3/4

歌手:津吹みゆ

作詞:津吹みゆ

作曲:津吹みゆ

寂しくなったら 帰ってこいと
涙で見送る 母の声
思い出すたび 会いたいけれど
のぞみ半(なか)ばじゃ 帰れない
あの日は雨 きょうも雨…
雨のむこうに 見える故郷(ふるさと)

北窓(きたまど)開いて 真赤(まっか)な林檎
かじればほろりと 泣けてくる
いつも電話じゃ 強がるけれど
弱気見せたら 負けになる
こころが雨 きょうは雨…
雨のむこうに 霞(かす)む故郷

しぐれに煙った 磐梯山(ばんだいさん)に
誓った約束 忘れない
元気出せよと 叱ってくれる
遠いお山が 恋しいよ
あの日も雨 きょうも雨…
雨のむこうに 見える故郷

津吹みゆと雨のむこうの故郷と歌詞について

以上が津吹みゆ 雨のむこうの故郷の歌詞です。

  • 津吹みゆの楽曲一覧はこちらから
  • 雨のむこうの故郷関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

津吹みゆ 雨のむこうの故郷の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。