一之瀬ユウ 逢色の空に 歌詞

一之瀬ユウ 逢色の空にの歌詞を提供しています。 『逢色の空に』とは一之瀬ユウさんが2017/01/25に発売された楽曲です。

逢色の空に 歌詞

曲名:逢色の空に

発売日:2018/3/4

歌手:一之瀬ユウ

作詞:一之瀬ユウ

作曲:一之瀬ユウ

二度と戻れない過去の中に
後悔だけが残っているよ
さよならと言って終わってしまう
そんな涙が零れ落ちた

思い出になって浮かぶ日々は
まるで昨日の事みたいだ
どれだけ願って望んでみても
忘れられないと解っているのに

君に触れて孤独を知って
ずっと愛に縋っていたんだ

何処にも行かないで
手を離さないでいて
僕を映し出してくれ
逢色の空に

嘘だったなんて認めたくなくて
何もなくなってしまったようで涙も出ないな
終わりだなんて信じたくなくて
だからもう一度僕の横で好きだと言って

消えてしまわないで
抱きしめさせていて
僕を突き落してくれ
この空の向こうへ

何処にも行かないで
手を離さないでいて
僕を映し出してくれ
逢色の空に

一之瀬ユウと逢色の空にと歌詞について

以上が一之瀬ユウ 逢色の空にの歌詞です。

  • 一之瀬ユウの楽曲一覧はこちらから
  • 逢色の空に関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

一之瀬ユウ 逢色の空にの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。