杉良太郎 港 歌詞

杉良太郎 港の歌詞を提供しています。 『港』とは杉良太郎さんが2000/04/21に発売された楽曲です。

港 歌詞

曲名:

発売日:2018/3/4

歌手:杉良太郎

作詞:杉良太郎

作曲:杉良太郎

ふり向けば人生は海を行く船か
雨 嵐 波や風 限りなくあった
その中で出会ったおまえは港
おだやかなやすらぎの愛の歌
いつの日も聴かせてくれた
おれのおれの港さ

若さゆえ無茶をして傷ついた夜も
灯りつけ つつむよに待っていてくれた
子守歌きこえるおまえの胸で
泥のよに眠りつくおれだった
明日へのちからをくれた
おれのおれの港さ

いつの世も男は風の旅人
わがままな放浪(さすらい)も季節(とき)が過ぎ
たどりつくところはおまえ
おれのおれの港さ

杉良太郎と港と歌詞について

以上が杉良太郎 港の歌詞です。

  • 杉良太郎の楽曲一覧はこちらから
  • 港関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

杉良太郎 港の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。