所ジョージ 才能 歌詞

所ジョージ 才能の歌詞を提供しています。 『才能』とは所ジョージさんが2016/09/28に発売された楽曲です。

才能 歌詞

曲名:才能

発売日:2018/3/4

歌手:所ジョージ

作詞:所ジョージ

作曲:所ジョージ

努力がひとつもみのらない
どれだけ期待がふくらんだのでしょ WO
みずから見逃す でき具合
あてなどないのに 比べはじめているんだ
お忘れものなどないように 数えて並べた空のビン だいぶネ

回りの才能に乗り込んだ
降りずにかしこく たちふるまうごとに 枯れた
誰かのおかげは見えづらく
そこへと戻れば 才能の入り口があるのに
お乗りこしなどないように 知り合えた人の顔の中 だったり

楽しみの為に 向き合った
ひきずる感じに すぎる時計の針 見えた
肩をたたかれて たたかせた
つき放すごとに 平らな無意識の先
お乗り換えなどのお客様へ 見えてる場所まで確実に これじゃネェ

努力がひとつも実らない
おしつけがましい いいわけするばかり
自由の中には ふみ場がない
思いもかけない普段の出来事の
流せるような歩幅や くりかえす事の歯車が
カケてもそこそこ回る時 そこから そこらへんからが才能だから

所ジョージと才能と歌詞について

以上が所ジョージ 才能の歌詞です。

  • 所ジョージの楽曲一覧はこちらから
  • 才能関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

所ジョージ 才能の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。