阿佐ヶ谷ロマンティクス 片想い 歌詞

阿佐ヶ谷ロマンティクス 片想いの歌詞を提供しています。 『片想い』とは阿佐ヶ谷ロマンティクスさんが2017/01/25に発売された楽曲です。

片想い 歌詞

曲名:片想い

発売日:2018/3/4

歌手:阿佐ヶ谷ロマンティクス

作詞:阿佐ヶ谷ロマンティクス

作曲:阿佐ヶ谷ロマンティクス

無邪気な姿 目につく日には
うつろな気分 あんまりなくて
遊歩道のベンチに座りこんで
ただぼーっとしてる

目に映っていることではなくて
形のないものばかり浮かぶ
ひなたぼっこをしながら思いを寄せていた

淡い恋は胸に溶け込んで
ひとりぼっちの日々を色づかせる

夕暮れ道の人ごみの音は
朝とは違う色が輝く
街が小さく揺れている
待ち侘びているようだ

淡い恋は胸に溶け込んで
ひとりぼっちの日々を色づかせる

常に包んでいるわ
彼の前で声にならないわたし恋してる

淡い恋は胸に溶け込んで
ひとりぼっちの日々を色づかせてくれた
過去の光景はもう二度と形にならないんだ

阿佐ヶ谷ロマンティクスと片想いと歌詞について

以上が阿佐ヶ谷ロマンティクス 片想いの歌詞です。

  • 阿佐ヶ谷ロマンティクスの楽曲一覧はこちらから
  • 片想い関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

阿佐ヶ谷ロマンティクス 片想いの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。