阿佐ヶ谷ロマンティクス 所縁 歌詞

阿佐ヶ谷ロマンティクス 所縁の歌詞を提供しています。 『所縁』とは阿佐ヶ谷ロマンティクスさんが2017/01/25に発売された楽曲です。

所縁 歌詞

曲名:所縁

発売日:2018/3/4

歌手:阿佐ヶ谷ロマンティクス

作詞:阿佐ヶ谷ロマンティクス

作曲:阿佐ヶ谷ロマンティクス

街を急ぐ雰囲気に
慌てて乗り込んでいる
僕は同じ様相に憧れている訳もない

静まり返った音が心地いい
何をする訳でもなく時が過ぎていく

枯らした涙がもう 面影に物語って行って
朝が過ぎる そんな気がして

風を誘う夕暮れに
ただ飲み込まれている
僕は同じ方向に目を寄せているだけで

遠い日を想い巡らせば
嫌なことを忘れるような気がするけど

枯らした涙がもう 面影に物語って行って
朝が過ぎる

静まり返った音が心地いい
何をする訳でもなく時が過ぎていく

枯らした涙がもう
面影に物語って来て朝が過ぎる
焦らしている素振りに
無垢な日々が蘇って来て
姿を思う 懐かしい声とともに
朝が過ぎて

阿佐ヶ谷ロマンティクスと所縁と歌詞について

以上が阿佐ヶ谷ロマンティクス 所縁の歌詞です。

  • 阿佐ヶ谷ロマンティクスの楽曲一覧はこちらから
  • 所縁関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

阿佐ヶ谷ロマンティクス 所縁の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。