海援隊 あるがままに 歌詞

海援隊 あるがままにの歌詞を提供しています。 『あるがままに』とは海援隊さんが2001/12/21に発売された楽曲です。

あるがままに 歌詞

曲名:あるがままに

発売日:2018/3/4

歌手:海援隊

作詞:海援隊

作曲:海援隊

水蓮の花白く滲んで 泥の川に咲き乱れ
水面に映る白き夏雲 裸の子供空へ飛びこむ
靴を脱ぎ捨て裸足で歩けば 大地の優しさただありがたく
そうか私も花や石ころ ここでは小さなアジアの破片
あるがままに陽射しを浴びて あるがままに風に吹かれて

菩提樹の下悟れぬ私 座ってあなたの名前つぶやく
額に紅い花びら模様 インドの少女は笑って拝む
こんな私が仏に見えて 捧げてくれたアジアの微笑み
悟れぬままに生きて行こうと やっと気づいて私もおじぎ
あるがままに泣いて泣きじゃくり あるがままに静かに笑おう

そうか私も花や石ころ ここでは小さなアジアの破片
あるがままに心のままに あるがままに私のままに
あるがままに流れのままに あるがままに行こうこのままに

海援隊とあるがままにと歌詞について

以上が海援隊 あるがままにの歌詞です。

  • 海援隊の楽曲一覧はこちらから
  • あるがままに関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

海援隊 あるがままにの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。