ナイアガラ・トライアングル 白い港 歌詞

ナイアガラ・トライアングル 白い港の歌詞を提供しています。 『白い港』とはナイアガラ・トライアングルさんが2002/03/21に発売された楽曲です。

白い港 歌詞

心の片隅
何かがこわれたよ
青空が眩しい
港の カフェーの椅子で
ぼくはふと
眼をふせながら
腕時計巻いた

セイルをおろした
無数の帆柱が
こわいほど綺麗だよ
離れて 生きてみようと
違う船
選んだ君に
こだわりもないさ

スーツケースくらい
自分で持つと
君はいつも強い
女だったね

港の カフェーの椅子で
ぼくはふと
眉を翳らせ
優しさを破く

青空が眩しい
かもめが 波をかすめる
触れもせず
ぼくをかすめた
君に似ているよ

帽子の陰から
流れる黒い髪
いつまでも見ていた
港の カフェーの椅子で
ぼくはふと
孤独なんだと
気がついて
苦いコーヒー飲むよ

ナイアガラ・トライアングルと白い港と歌詞について

以上がナイアガラ・トライアングル 白い港の歌詞です。

  • ナイアガラ・トライアングルの楽曲一覧はこちらから
  • 白い港関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ナイアガラ・トライアングル 白い港の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。