海援隊 BOYS AND GIRLS DON'T CRY 歌詞

海援隊 BOYS AND GIRLS DON'T CRYの歌詞を提供しています。 『BOYS AND GIRLS DON'T CRY』とは海援隊さんが2001/12/21に発売された楽曲です。

BOYS AND GIRLS DON'T CRY 歌詞

曲名:BOYS AND GIRLS DON'T CRY

発売日:2018/3/4

歌手:海援隊

作詞:海援隊

作曲:海援隊

どこまで歩いて行ったら 男らしくなれるの
いくつ唄を歌ったら 心は静まるの
いつ頃僕は僕らしい 自分になれるの
流れる河岸辺を削る その水音が答えさ

河は流れて山削り また河を作ってる
山は山になりたくて 動き続けてる
見渡す限りすべてのもの 自分をめざしてる
風に吹かれて旅をしている その風が今君に吹く

どんな恋をすごしたら 女らしくなれるの
何冊本を読んだら 正しく生きれるの
愛した分だけ誰かから 愛して貰えるの
灯りを消して星空を見る その暗闇が答えさ

小さな農家のご夫婦が 星空見上げてる
語り合うこと何もなく 二人はよりそう
愛を見つけた人たちは 静かで動かない
音もなく夜空で燃える 星座のようだろう
風に吹かれて星がまたたく その風が今君に吹く

海援隊とBOYS AND GIRLS DON'T CRYと歌詞について

以上が海援隊 BOYS AND GIRLS DON'T CRYの歌詞です。

  • 海援隊の楽曲一覧はこちらから
  • BOYS AND GIRLS DON'T CRY関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

海援隊 BOYS AND GIRLS DON'T CRYの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。