紅頭巾 紅頭巾参上 歌詞

紅頭巾 紅頭巾参上の歌詞を提供しています。 『紅頭巾参上』とは紅頭巾さんが2006/08/23に発売された楽曲です。

紅頭巾参上 歌詞

曲名:紅頭巾参上

発売日:2018/3/4

歌手:紅頭巾

作詞:紅頭巾

作曲:紅頭巾

情け深川 名もない花を
涙・無用に 踏みにじる
金と権力(ちから)が はびこる浮世
開けねばならない 風通し
待っていました 紅頭巾
いざゝゝゝゝゝ 参上

江戸も浪花も 人心(こころ)はひとつ
恋の命も 通う血も
夢の片袖 噛みしめながら
亀戸天神 渡る橋
待っていました 紅頭巾
いざゝゝゝゝゝ 参上

川が汚れりゃ 魚は住まぬ
月と隅田の 河岸(かし)づたい
抜けば玉散る 白刃(しらは)の舞で
世直し芝居の 幕があく
待っていました 紅頭巾
いざゝゝゝゝゝ 参上

紅頭巾と紅頭巾参上と歌詞について

以上が紅頭巾 紅頭巾参上の歌詞です。

  • 紅頭巾の楽曲一覧はこちらから
  • 紅頭巾参上関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

紅頭巾 紅頭巾参上の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。