天童よしみ 恋桜 歌詞

天童よしみ 恋桜の歌詞を提供しています。 『恋桜』とは天童よしみさんが2006/08/23に発売された楽曲です。

恋桜 歌詞

曲名:恋桜

発売日:2018/3/4

歌手:天童よしみ

作詞:天童よしみ

作曲:天童よしみ

夢をみながら 夢に泣く
染井吉野の 花ごころ
胸にともした この篝火(かがりび)が
生きる明日(あした)の 道しるべ
ひとつでいいのね 倖せなんて
燃えてひといろ 恋桜

花は散るため 咲くいのち
今日と明日の 境い目を
つなぐ鎖は ふたりの涙
そうよ死んでも ほどかない
前しか見えない あなたのために
杖になります 恋桜

雪に埋(う)もれて 春を待つ
待てば来るのね 倖せは
それが女の 生甲斐なのと
花のくちびる 噛みしめる
からめた小指に 二片(ふたひら)・三片(みひら)
風にこぼれる 恋桜

天童よしみと恋桜と歌詞について

以上が天童よしみ 恋桜の歌詞です。

  • 天童よしみの楽曲一覧はこちらから
  • 恋桜関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

天童よしみ 恋桜の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。