桂竜士 昭和挽歌 歌詞

桂竜士 昭和挽歌の歌詞を提供しています。 『昭和挽歌』とは桂竜士さんが1994/03/23に発売された楽曲です。

昭和挽歌 歌詞

曲名:昭和挽歌

発売日:2018/3/4

歌手:桂竜士

作詞:桂竜士

作曲:桂竜士

昭和の演歌に 酔いながら
時にはひとりの 酒がいい
男だって泣くさ 心で泣くさ
夢をいくつも すり替えて
歩いた昭和が 歩いた昭和が
遠くなる

今でも心の 片隅に
ちいさく揺れてる 面影(かげ)ひとつ
男だって泣くさ 背中で泣くさ
惚れた女の 涙さえ
気付かず流れた 気付かず流れた
青春(はる)がある

人生まだまだ これからと
いつのも台詞(せりふ)で 酒を飲む
男だって泣くさ 悔んで泣くさ
忘れものでも したように
今夜も昭和を 今夜も昭和を
振り返る

桂竜士と昭和挽歌と歌詞について

以上が桂竜士 昭和挽歌の歌詞です。

  • 桂竜士の楽曲一覧はこちらから
  • 昭和挽歌関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

桂竜士 昭和挽歌の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。