磯貝サイモン ふるえない 歌詞

磯貝サイモン ふるえないの歌詞を提供しています。 『ふるえない』とは磯貝サイモンさんが2017/01/11に発売された楽曲です。

ふるえない 歌詞

曲名:ふるえない

発売日:2018/3/4

歌手:磯貝サイモン

作詞:磯貝サイモン

作曲:磯貝サイモン

きみといるだけで幸せだった
なーんもしなくたって楽しかった
どんな痛みでも分け合えた
世界がいつ終わってもよかった

きみと作った思い出の数々
1ページずつ読み返してた
どれも大切なきみであふれてて
絵に描いたような幸せだった

だけど今この心は
どうしてもうふるえない
何度その肩抱きしめても
きみが心にいない

ひどい男さ ろくでなしさ
いっそキライになってくれないか
そんなことをずっと考えながら
きみの寝顔 朝まで見つめてた

曇りひとつないきみの笑顔
まっすぐな目がまた愛しいんだ
これがもしぼく以外のものになるとして
ああだめだ想像するだけで胸がつまる

「わたしの好きなとこ3つあげてみて」
たくさんあるけど言い出せないのは何故?
たぶんぼくはまだ きみが大好きだ
だけどなんていうんだ この感情は

いやになるくらいこの体は
きみをすべておぼえてる
今日もきみを満たすふりをして
この心隠し通すの?

これ以上優しくしないで
これ以上未来を描かないで
だけどもしも明日世界が終わるなら
ぼくは誰といたいんだろう

そんなことをずっと考えながら
きみの寝顔 朝まで見つめてた

磯貝サイモンとふるえないと歌詞について

以上が磯貝サイモン ふるえないの歌詞です。

  • 磯貝サイモンの楽曲一覧はこちらから
  • ふるえない関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

磯貝サイモン ふるえないの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。