RADWIMPS トアルハルノヒ 歌詞

RADWIMPS トアルハルノヒの歌詞を提供しています。 『トアルハルノヒ』とはRADWIMPSさんが2016/11/23に発売された楽曲です。

トアルハルノヒ 歌詞

曲名:トアルハルノヒ

発売日:2018/3/4

歌手:RADWIMPS

作詞:RADWIMPS

作曲:RADWIMPS

「はじめまして」そう言うと
ひと際大きなその瞳が
揺れながらまっすぐに僕をみた

あれはまだ14のハル
それから今日までの日々
「あなたの声をずっと聴いていた」

もうなんて言えばいい? 迷子のクシャっとした顔
言わなくたっていい 溢れるほど伝わった ありがとう

今日はなんか楽しいな
遥か昔から「声」だけの
幼なじみで 積もる話なんかして

どこか自分の時間だけ
同じ場所でただただ円を
描いては止まってる気がしてた

それが今じゃ21のハル
昔の手紙の返事を
その胸に抱えてきてくれた

ロックバンドなんてもんを やっていてよかった
間違ってなんかいない そんなふうに今はただ思えるよ

宛名もなしに書きなぐった夢を 恥じらいもなく晒してきた本音を
君は受け取った 捨てずにあたためた
隣にいる友よりも 僕らは知り合えた
名前さえ知らずに

僕ら君曰く 毎日、毎晩
雨も晴れも嵐も雪も
飽きもせず 話をしてきたらしい

時に忌み嫌い遠ざかり
音信不通の時を経て
でも最後には 戻ってきたんだと

周りの誰が聴かずとも
流行の歌流れようとも
自分にはこの歌があったよと

ロックバンドなんてもんを やってきてよかった
まともに話さえ できなかったこの僕が
そんなにも君と 想いを交わしあっていた
ロックバンドなんてもんを やってきて本当によかった

開き直りの心の有様を 長ったらしい無様な告白を
書きなぐり続けた 世界にバラ蒔いた
たやすく風に舞い すぐに掻き消された
でも君は受け取った 捨てずにいてくれた
風よりも小さな 僕の声を拾い上げてくれた

遥かな彼方へと 歌歌よ飛んでいけ

宛名もなしに書きなぐった夢を 恥じらいもなく晒してきた本音を
当たり散らした無様な醜態を こぼれ落ちたまま走らせた希望を

書きなぐり続けて 10余年の日々が そしてその少女は 目の前に現れた
その手、瞳、胸に 手紙の返事を 宿して現れたんだ

RADWIMPSとトアルハルノヒと歌詞について

以上がRADWIMPS トアルハルノヒの歌詞です。

  • RADWIMPSの楽曲一覧はこちらから
  • トアルハルノヒ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

RADWIMPS トアルハルノヒの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。