小林格之 君を想う 歌詞

小林格之 君を想うの歌詞を提供しています。 『君を想う』とは小林格之さんが2016/09/14に発売された楽曲です。

君を想う 歌詞

曲名:君を想う

発売日:2018/3/4

歌手:小林格之

作詞:小林格之

作曲:小林格之

ガラスのような心を 強く抱きしめてくれた
触れたら壊れてしまう そんなような
電車の中から 見えた二人で 行った場所
思い出を撒き散らしていた 今頃育ったんだね
隙間風に吹かれて凍える君が いるのならば
僕が君を強く抱きしめてあげる そばにおいで

今はもうない優しさ 一番欲しいものだよ
触れたい光は僕から 掴んだら消えた
一番大切なことはどうして 一番
後回しにしてしまうんだろう 今頃想ったんだね
隙間風に吹かれて凍える君が いるのならば
僕が君を強く抱きしめてあげる そばにおいで

君への気持ちが時に強くて嫌になる
悲しみが今 呼吸を始め また僕を苦しめる
隙間風に吹かれて凍える君が いるのならば
僕が君を強く抱きしめてあげる そばにおいで
隙間風に吹かれて凍える君が いるのならば
僕が君を強く抱きしめてあげる そばにおいで

命が続く限り 電池が切れる限り
君とは一緒にいたくて どんな出会いが君を変えたの
僕は君を想う 僕は君を想う

小林格之と君を想うと歌詞について

以上が小林格之 君を想うの歌詞です。

  • 小林格之の楽曲一覧はこちらから
  • 君を想う関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

小林格之 君を想うの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。