Brian the Sun Cloudy #2 歌詞

Brian the Sun Cloudy #2の歌詞を提供しています。 『Cloudy #2』とはBrian the Sunさんが2017/01/11に発売された楽曲です。

Cloudy #2 歌詞

曲名:Cloudy #2

発売日:2018/3/4

歌手:Brian the Sun

作詞:Brian the Sun

作曲:Brian the Sun

時計の針が廻り過ぎて 君の記憶が見当たらない
僕の立ってる街の景色 君の世界とかけ離れてゆく
君の記憶と僕の記憶 重ねてはみ出たものさえも
尊く思えるその時は それを愛と呼べばいいんだよ

濁って行く心の中 見透かすような曇り空
暗闇の向こう側 君の記憶を探して
僕の中ただ一つだけ時に逆らうのは
そう、君の記憶

どこまで行けば君のその瞳の奥で笑えるんだろう
揺れ動く心の向こう側 空に舞う想いと Cloudy

反時計廻りの僕の記憶 いつまでも後ろ向きに歩いて
届かぬ想いがまた一つ 君の世界とかけ離れてゆく

どこまで行けば君のその瞳の奥で笑えるんだろう
揺れ動く心の向こう側 空に舞う想いと Cloudy

どこまで行けば君のその瞳の奥で笑えるんだろう
揺れ動く心の向こう側 空に舞う想いと Cloudy

Brian the SunとCloudy #2と歌詞について

以上がBrian the Sun Cloudy #2の歌詞です。

  • Brian the Sunの楽曲一覧はこちらから
  • Cloudy #2関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Brian the Sun Cloudy #2の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。