堀内孝雄 青春譜 歌詞

堀内孝雄 青春譜の歌詞を提供しています。 『青春譜』とは堀内孝雄さんが1992/05/25に発売された楽曲です。

青春譜 歌詞

曲名:青春譜

発売日:2018/3/4

歌手:堀内孝雄

作詞:堀内孝雄

作曲:堀内孝雄

夢を語れば いつも遠くて
生きてゆくこと それが下手でも
いい男だと 胸を張れたら
くいはない この俺の人生

ふりむけば 何ひとつ 出来ずにきたけど
いつの日も すぐそばに お前がいるから
生きること それが青春さ
心の中が 若いままなら

恋をすること それもにが手で
歌を唄えば どこか音痴で
嘘のひとつも 決して言えない
無器用なのが 俺の生き方

駆けぬけた 若き日が 涙でぬれても
寂しさを わけあえる お前がいるから
今日の日が いつも青春さ
心の中が 輝やいてれば

ふりむけば 何ひとつ 出来ずにきたけど
いつの日も すぐそばに お前がいるから
生きること それが青春さ
心の中が 若いままなら

堀内孝雄と青春譜と歌詞について

以上が堀内孝雄 青春譜の歌詞です。

  • 堀内孝雄の楽曲一覧はこちらから
  • 青春譜関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

堀内孝雄 青春譜の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。