堀内孝雄 秋の匂い 歌詞

堀内孝雄 秋の匂いの歌詞を提供しています。 『秋の匂い』とは堀内孝雄さんが1992/05/25に発売された楽曲です。

秋の匂い 歌詞

曲名:秋の匂い

発売日:2018/3/4

歌手:堀内孝雄

作詞:堀内孝雄

作曲:堀内孝雄

病葉がこぼれる道は
想い出が降り積む道
はるかな時の彼方に揺れる
こころふるえる日々よ

くちびると ふれたあとの
火と燃えた あなたの頬を

秋の匂い嗅ぐたび思う
あれこそが 愛だった
目にあやな 秋景色
あなたは ここにはいない

誰かしら 手紙を焼いて
灰色に染った土に
小枝を拾い イニシャル描いて
過ぎた10年をしのぶ

情熱を知ったひとの
激しさを 受けとめられず

秋の匂い 嗅ぐたび 責める
あまりにも 若かった
目にあやな 秋景色
あなたは ここには いない

秋の匂い 嗅ぐたび思う
あれこそが 愛だった
目にあやな 秋景色
あなたは ここには いない

目にあやな 秋景色
あなたは ここには いない

堀内孝雄と秋の匂いと歌詞について

以上が堀内孝雄 秋の匂いの歌詞です。

  • 堀内孝雄の楽曲一覧はこちらから
  • 秋の匂い関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

堀内孝雄 秋の匂いの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。