堀内孝雄 月が笑ってらぁ 歌詞

堀内孝雄 月が笑ってらぁの歌詞を提供しています。 『月が笑ってらぁ』とは堀内孝雄さんが1992/05/25に発売された楽曲です。

月が笑ってらぁ 歌詞

曲名:月が笑ってらぁ

発売日:2018/3/4

歌手:堀内孝雄

作詞:堀内孝雄

作曲:堀内孝雄

夢の中の 恋螢
女(だれか)の胸へ飛んでゆけ
淋しさばかりが 枕に止まりゃ
添い寝をしようか 眠ろうか
男ごころの純情を
窓の月が 笑ってらぁ
あゝ恋なんて あゝ恋なんて そんながらじゃないけれど
あゝ恋なんて あゝ恋なんて 人肌恋しいときもある

酒に酔えば 恋螢
身体の芯が熱くなる
冷やしておくれよ ひと雨しぐれ
寝がえり打とうか 眠ろうか
男ごころの純情を
白い月が 笑ってらぁ
あゝ恋なんて あゝ恋なんて 忘れかけていたけれど
あゝ恋なんて あゝ恋なんて 涙が恋しいときもある

男ごころの純情を
窓の月が笑ってらぁ
あゝ恋なんて あゝ恋なんて そんながらじゃないけれど
あゝ恋なんて あゝ恋なんて 人肌恋しいときもある
人肌恋しいときもある

堀内孝雄と月が笑ってらぁと歌詞について

以上が堀内孝雄 月が笑ってらぁの歌詞です。

  • 堀内孝雄の楽曲一覧はこちらから
  • 月が笑ってらぁ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

堀内孝雄 月が笑ってらぁの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。