大塚まさじ 風が吹いていた 歌詞

大塚まさじ 風が吹いていたの歌詞を提供しています。 『風が吹いていた』とは大塚まさじさんが1994/02/21に発売された楽曲です。

風が吹いていた 歌詞

曲名:風が吹いていた

発売日:2018/3/4

歌手:大塚まさじ

作詞:大塚まさじ

作曲:大塚まさじ

風が吹いていた
雑踏だらけの街角に 淋しい心がよこたわる
俺は路地にもぐり込み 背中をかくして歩いた
明日なんかこなけりゃいい 叫んだ声が昨日に消えた
過ぎゆくだけのこの街で 俺は女と酒をのむ

風が吹いていた
心一面 海が満ち水平線に陽が沈む
どこまで泳いでいったって水平線はつかめない
女はいつも悲しいもんで 男はいつも淋しいもんさ
秘密をわけた女の顔が 俺の心にぶらさがる

風が吹いていた
頭の中は冬の荒野 黒くカラスの群れがとぶ
時が俺にくれたのは 前に進む苦しみばかり
考えばかりが目の前はしり 体はいつものりおくれ
二人は風に追われてた だから北へ旅に出た

大塚まさじと風が吹いていたと歌詞について

以上が大塚まさじ 風が吹いていたの歌詞です。

  • 大塚まさじの楽曲一覧はこちらから
  • 風が吹いていた関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

大塚まさじ 風が吹いていたの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。