Goose house 風船 歌詞

Goose house 風船の歌詞を提供しています。 『風船』とはGoose houseさんが2017/01/06に発売された楽曲です。

風船 歌詞

曲名:風船

発売日:2018/3/4

歌手:Goose house

作詞:Goose house

作曲:Goose house

約束したね「ずっとずっと変わらないまま
かっこいい大人になろう」 明日は卒業式

僕らのぎこちない恋が 風船になったなら
ねえ 未来は見える? 歳をとっても しぼんでも
「二人なら 大丈夫」と言いたいな

明日からは何が変わるんだろう?
風の向きや速さはどうだろう?
青い空に馳せた 夢はどう見えるんだろう?
歩きだそう さあ

見えない気持ち 君に迷い 眠れない日々
一時間目の授業はいつも 船をこいでた

自分の弱さを刃にして 傷つけ失くしそうになって
ふくらむ恋に 穴を開けても
丁寧に 息を吹きなおしてくれたね

優しく触れるよこわれないように
目を離して 飛んでいかないように
細く強い糸で 繋ぎとめていこう
手をつなごう さあ

ふわり空に浮かんだ 儚げな風船に
行かないで 行かないで 時間が笑うけど信じていたい

明日からは何が変わるんだろう?
風の向きや速さはどうだろう?
青い空に馳せた 夢はどう見えるんだろう?
未来へ 今

優しく触れるよこわれないように
目を離して 飛んでいかないように
細く強い糸で 繋ぎとめていこう
手をつなごう さあ

Goose houseと風船と歌詞について

以上がGoose house 風船の歌詞です。

  • Goose houseの楽曲一覧はこちらから
  • 風船関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Goose house 風船の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。