大塚まさじ 夜には街も酔っぱらい 歌詞

大塚まさじ 夜には街も酔っぱらいの歌詞を提供しています。 『夜には街も酔っぱらい』とは大塚まさじさんが1994/02/21に発売された楽曲です。

夜には街も酔っぱらい 歌詞

曲名:夜には街も酔っぱらい

発売日:2018/3/4

歌手:大塚まさじ

作詞:大塚まさじ

作曲:大塚まさじ

俺は もう充分に酔っぱらってるみたいだ
街も きっと酔っているのさ こんな夜更けにゃ
目をこすりながら ヨタヨタ歩きの酔っぱらいさん
もし 待つ人がいるのなら 早くお帰り
街の誘惑は あんたを駄目にするだけだぜ

俺を見て笑ってるんだろう ねえお月さん
そんなあんたも一人ぼっちさ そんなに遠くで
いつもあんたを見ていたさ どこにいたって
だってあんたは裏切らないもの こんな俺にでも
今夜 あんたは誰よりも ステキに見えるぜ

路地の奥で 二つの影が抱き合っている
大通りを野良犬が連れだって渡っていく
昔出合った花売娘は どこへ行っちまったんだ
もしあの娘を見かけたら 俺に知らせておくれ
心優しい娘だったが もう昔の話さ

大塚まさじと夜には街も酔っぱらいと歌詞について

以上が大塚まさじ 夜には街も酔っぱらいの歌詞です。

  • 大塚まさじの楽曲一覧はこちらから
  • 夜には街も酔っぱらい関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

大塚まさじ 夜には街も酔っぱらいの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。