白鳥英美子 明日への扉 (放送バージョン) 歌詞

白鳥英美子 明日への扉 (放送バージョン)の歌詞を提供しています。 『明日への扉 (放送バージョン)』とは白鳥英美子さんが2010/03/17に発売された楽曲です。

明日への扉 (放送バージョン) 歌詞

曲名:明日への扉 (放送バージョン)

発売日:2018/3/4

歌手:白鳥英美子

作詞:白鳥英美子

作曲:白鳥英美子

目を閉じて ただ心に祈る
小さな手に 握りしめた夢が
こわれずに大きくふくらんで
やがては高く 青空をゆく

たとえば 風が吹き 流されて
見知らぬ遠い国 迷い込んでも
あなたの足元に ひとすじの
光を照らすように
私がそばにいる

何度でも つまずいたとしても
強い気持ち 持ち続けていれば
少しずつ 夢へと近づいて
やがては高く のぼってゆける

たとえば 陽(ひ)が沈み 暗闇が
全(すべ)てを包み込み 見えなくしても
あなたの歌声は 闇をぬけ
明日(あす)への扉あけ
輝きみつける

白鳥英美子と明日への扉 (放送バージョン)と歌詞について

以上が白鳥英美子 明日への扉 (放送バージョン)の歌詞です。

  • 白鳥英美子の楽曲一覧はこちらから
  • 明日への扉 (放送バージョン)関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

白鳥英美子 明日への扉 (放送バージョン)の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。