斉藤由貴 12月のカレンダー 歌詞

斉藤由貴 12月のカレンダーの歌詞を提供しています。 『12月のカレンダー』とは斉藤由貴さんが1987/04/20に発売された楽曲です。

12月のカレンダー 歌詞

曲名:12月のカレンダー

発売日:2018/3/4

歌手:斉藤由貴

作詞:斉藤由貴

作曲:斉藤由貴

西日が揺れる 12月のカレンダー
掃除機休め ぼんやりと数字をみてる
白いマス目に 想い出を塗り込んで
めくっていった あなたとのまぶしい日々

秋風の駐車場 さよならを確かめた
過ぎ去ったあの日には もう戻れないのに
今も壁からはずせない カレンダー
このまま年が明けそうな 溜息ひとつ

かなうなら 8月の桟橋に帰りたい
ふと愛に射した影 そっと拭い去るわ
今も壁からはずせない カレンダー
このまま年が明けそうな 溜息ひとつ

一日ずつは あんなにも長いのに
残せたものは あなたとの想い出だけね
心を映す 12月のカレンダー
忘れたいのに懐かしい あなたの笑顔

斉藤由貴と12月のカレンダーと歌詞について

以上が斉藤由貴 12月のカレンダーの歌詞です。

  • 斉藤由貴の楽曲一覧はこちらから
  • 12月のカレンダー関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

斉藤由貴 12月のカレンダーの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。