南野陽子 神様がいない月 歌詞

南野陽子 神様がいない月の歌詞を提供しています。 『神様がいない月』とは南野陽子さんが1987/11/01に発売された楽曲です。

神様がいない月 歌詞

曲名:神様がいない月

発売日:2018/3/4

歌手:南野陽子

作詞:南野陽子

作曲:南野陽子

夕陽がもえつきた海
冬へいそぐ潮風
タメ息のなかに 立ちどまる
あなたとわたし

砂浜に並んでいる
さっきまでのあしあと
すべりこむ波が かげもなく
さらってゆくわ

たぶん ここで
サヨナラを言われるのね
胸の奥で
潮騒があばれる

神様はあてにならない
風向きさえ変えられない
めのまえの くちびるが
ピリオドの言葉 告げたの

ひきとめてもムダなのね
夢を追いかけるのね
となりにいたけど 違う星
みつめていたの

砂にうもれたパラソル
しずけさをみせつける
あんなにはしゃいだ
夏の日は
もう遠いのね

ごめん なんて
せつない瞳はやめて
握手なんて
今はできないから

幸せなんかにならないで
すぐに誰かみつけないで
夕暮れが さみしくて
悔やんだりしてね
あなたも

神様はあてにならない
ちっとも
たすけてくれない
泣き顔の 瞬間に
自分で背中を 向けたの

幸せなんかにならないで
わたしの涙とまるまで
春風に 出あう頃
思い出にするわ
あなたを……

南野陽子と神様がいない月と歌詞について

以上が南野陽子 神様がいない月の歌詞です。

  • 南野陽子の楽曲一覧はこちらから
  • 神様がいない月関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

南野陽子 神様がいない月の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。